スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by KumaKuma
 
[スポンサー広告

ヒグマと衝突事故
 苺で有名な北海道上川郡比布町で事故が発生。
24日、午後6時頃、旭川市の会社員・鷲見博之さんが塩狩峠を自動車で走行中、
道路脇から飛び出して来た約2メートル級のヒグマと衝突した。
 鷲見さんの証言内容から、鷲見さん運転の自動車は衝突時の衝撃で車体の方向が変わり、
そのまま反対車線まで弾き飛ばされたとの事で、画像でも分かる通り、窓ガラスが割れ、
車体は側面部分は損傷し、ボンネットにはヒグマの毛が挟まった状態。

【ヒグマと衝突した事故車両】
【ヒグマと衝突した事故車両】



 今回、この事故を耳にし、過去に、海外で運転中の車にクマが衝突した瞬間を撮影した動画が
youtubuに挙げられていたのを思い出したのであげておきますね。



スポンサーサイト

Posted by KumaKuma
comment:0   trackback:0
[ヒグマパナシな人日記]  thema:怖い話 - genre:サブカル

クマの楽園に行こう! 其の弐
コディアック国立野生生物保護区

【コディアック国立野生生物保護区】
【コディアック国立野生生物保護区】

 其の壱で紹介させて頂きましたカトマイ国立公園の真向かいに位置するコディアック島にある
コディアック国立野生生物保護区には、世界最大の肉食動物であるコディアックベアーの生息地で、
域内には、推定2300匹以上が生息している熊の楽園です。

【コディアックベアーセンター】
【コディアックベアーセンター】

保護区内で大人気の宿泊地コディアックベアーセンター

【コディアックベアーセンター】
【コディアックベアーセンター】
【コディアックベアーセンター】
【コディアックベアーセンター】
【コディアックベアーセンター】
【コディアックベアーセンター】

ロッジの部屋は綺麗ですね。 クマとの距離はカトマイ公園内のロッジと同じく、
人間側がクマの楽園にお邪魔しているという感覚を持たなければいけないですね。

クマとの出会い以外にも、釣りなど様々なレジャーが島内で出来ることもあり人気のある観光地です。
興味のある方は旅行会社が企画しているツアーなどを見るのも良いと思います。
【クマの楽園に行こう! 其の壱】 → 



HAI・しろくまツアーズ/コディアックベアウォッチングツアー 2016
   →コチラ

Posted by KumaKuma
comment:0   trackback:0
[ヒグマパナシな人日記]  thema:雑学 - genre:サブカル

クマの楽園へ行こう! 其の壱
カトマイ国立公園

【カトマイ国立公園】
【カトマイ国立公園】


 最初にご紹介する熊の楽園は、米国アラスカ州の付け根部分に位置するカトマイ国立公園です。
公園は関東平野並みの広さがあり、殆どの地域が自然保護区域となっており、2000頭以上の
グリズリーが生息しており、行く為には旅客機と水上飛行機を乗り継いで行かなくては
辿り着けない秘境です。

【カトマイ国立公園】
【カトマイ国立公園】

 上記の絵の通り、夏季には公園の境界線に在るマックニール川で鮭を獲る熊の自然な生態を
垣間見る事が出来ます。

【ブルックスロッジ】
【ブルックスロッジ】

 公園内の宿泊先として大人気のブルックスロッジ

【ブルックスロッジ ダイニング】
【ブルックスロッジ ダイニング】
【ブルックスロッジ ダイニング】
【ブルックスロッジ ダイニング】
【ブルックスロッジ ロッジ内】
【ブルックスロッジ ロッジ内】

 名称の通り、ロッジタイプの部屋で、上記写真を見ると胸が踊る方も多いのではないでしょうか
一泊、10万円以上もするそうですが、2年先まで予約が埋まっているとのことです。

【ブルックスロッジ】
【ブルックスロッジ】
【ブルックスロッジ】
【ブルックスロッジ】

 上記写真のように、ロッジ内含め、自然公園内ではグリズリーと遭遇しますが、必ずレンジャーの
指示に従わなければいけません。
下の動画とニュースの内容ですが、カトマイ国立公園内で観光客の男性が鮭を獲るグリズリーを
撮影していたところ、突如、グリズリーが男性の方に接近してきたものです。
 事前に男性はレンジャーの指示で、グリズリーが急に近づいてきても逃げてはいけないと
指示されていたので、微動だにしなかったところ、事なきを得たというものです。



 グリズリーとの共生を真剣に考え、皮肉にもグリズリーに殺害されたティモシー・トレッドウェルの
事件現場でもあり、自然の壮大さ、美しさ、そして恐ろしさを教えてくれる秘境なのでしょうね。
それでは、また其の弐を近いうちに紹介したいと思います。

興味のある方は旅行会社が企画しているツアーなどを見てみるのも良いと思います。

エーアイイー・ツアーズ/カトマイ国立公園でクマを見る旅 2016
   →コチラ
HAI・しろくまツアーズ/カトマイ国立公園ディスカバリーツアー 2016
   →コチラ


Posted by KumaKuma
comment:0   trackback:0
[ヒグマパナシな人日記]  thema:雑学 - genre:サブカル

最近の獣害事件
 こんにちは、管理人のkumakumaです。
更新はサボり続けてましたが、何とか生きてます。

 最近、東北地方でツキノワグマに依る獣害事件が発生していますね。
北海道に生息する羆と比較し、死亡事故にまで及ぶ可能性が低いと
考えられがちなツキノワグマですが、この時期の個体は繁殖期で
気が非常に昂ぶっています。

また、この時期に山菜採りに入る多くの方々の目的の物は、タケノコの
一種である根曲がり竹なのですが、これはツキノワグマの大好物の食べ物
でもあります。 熊は自らの所有物と認識した物に対しての執着心が異常に
高く、人と所有物が被ってしまった場合に襲撃する可能性があります。

そして、自らの所有物と認識した物を奪い返す為に人を襲い、殺めてしまった
場合、ツキノワグマにとっては、その遺体は「餌」という認識です。
アフリカの自然界における掃除屋がハイエナであるように、日本の自然界に
おける掃除屋が熊ですので注意が必要です。

【好物の根曲がり竹】
【好物の根曲がり竹】
 

Posted by KumaKuma
comment:0   trackback:0
[ヒグマパナシな人日記

三重県でジョーズ?
ジョーズ

 三重県御浜町の定置網に引っかかっていたホオジロザメが、まるでリアル・ジョーズ
大きさは約6メートル、重さは約2~3トンとの事で、映画のジョーズは約8メートル級なので、
少し足りないが、それでもデカい!  ウミガメ、丸呑みしようとしちゃってるしね…(笑)


【三重県でJAWS】
【三重県でJAWS】
 【三重県でJAWS】
【三重県でJAWS】


【三重県でJAWS】
【三重県でJAWS】







Posted by KumaKuma
comment:0   trackback:0
[ヒグマパナシな人日記
| HOME | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。