スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by KumaKuma
 
[スポンサー広告

石狩沼田幌新事件
【石狩沼田幌新事件】
【石狩沼田幌新事件】

 1923年8月21日~24に北海道雨竜郡沼田町幌新地区で発生した羆襲撃事件。
5名死亡、2名重傷者という大被害を出した国内史上2番目の獣害事件。

事件概要

8月21日

 北海道沼田町恵比島地区、聖徳太子を職人の神と崇める民間信仰である"太子講の祭り"が開催されていた。
この日、日頃から娯楽の少ない開拓地ゆえ、余興で上演される浪花節や人情芝居を目的に職人だけではなく、
近隣の村々からも人々が詰め掛け、祭りは大盛況だったと伝えられている。

 村民を熱狂させた祭りも午後11時30分頃にはお開きとなり、幌新地区の支線の沢や本通筋から参加していた
一団も夜の山道を家路へと急いでいた。 一行が幌新本通りの沢に差し掛かった頃、小用のため50mほど遅れて
歩いていた参加者の一人、林謙三郎(19)は背後の藪の中で何かが動く物音を聞いた。
その物音を確認する為、謙三郎が振り向いたと同時に、藪の中から突如として、黒い巨大な塊が姿を現し、
謙三郎目掛け、襲い掛かってきた。 この時、幸運にも謙三郎は、着物と帯に爪を引っ掛けられた為、咄嗟に
それらを脱捨て難を逃れる事に成功した。 そして謙三郎は恐怖に震える膝を必死に抑えながら、先を歩いて
いた集団の最後尾に這々の体で追い付き、彼等にヒグマの出現を伝えた。

 だが、ヒグマの行動は迅速で、一団の先頭部に先回りし、歩いていた村田幸次郎(15)を一撃で撲殺、
隣にいた幸次郎の兄・村田由郎(18)に重傷を負わせ、彼を生きたまま保存食用として土中に埋めた。
そして、埋められた兄・由郎の近くで弟・幸次郎の遺体を不気味な咀嚼音を立てながら内臓から食し始めた。

 その一方、突然のヒグマの出現に混乱に陥った一団は、その場から約300メートル程離れた木造平屋建ての
農家・持地乙松宅に逃げ込み、玄関に篝火を焚き、囲炉裏に大量の白樺の樹皮を投込み火を強め、屋根裏や
押入れの中に身を隠し、現時点で出来うる限りの立ち向かう手はずを整えた。
 30分程経過し、ヒグマは幸次郎の内臓を咀嚼しながら持地宅に現れ、建物の周囲を徘徊しながらガラス窓
から屋内をうかがっている事が解った。 そこで、家人は座布団や笊など周囲にある物を手当たり次第に投付け
追払おうとした所、ヒグマが玄関に回り込もうとしているのが目に映り、村田兄弟の父親・村田三太郎(54)は
入れるまいと必死に戸を抑えたが、ヒグマは扉ごと三太郎を押し倒し侵入、三太郎は近くのスコップを手に取り
必死に立ち向かうが、当然、敵うわけもなく、一撃で叩き伏せられ重傷を負った。

 ヒグマは三太郎に重傷を負わせた後、奥の隅で怯える三太郎の妻、ウメ(56)を確認。
囲炉裏で盛んに燃え上がる火を恐れることもなく、巨大な足で火を踏み消し、ウメを咥え上げると、家を出て行く
気配を見せた為、夫・三太郎は自らの深手も忘れ、半狂乱になってヒグマをスコップで打ち据えるが、意に介す
こともなく向かいの山中へとウメを引き摺り悠々と深い暗闇の山中へと姿を消した。 熊の去った方向から、
ウメの助けを求める叫び声が2、3度響いた後、かすかな念仏が何度も何度も続けて聞こえてきたが、その声
すらも、次第に遠ざかり、夜風に吹き消されていってしまった。

8月22日

 妻子を無残に奪われた三太郎はじめ、避難民らは心身ともに苦痛に苛まれ焦燥に駆られるばかりであった。
銃の備えもない農家故、屋内に閉じこもり我が身を守る以外に打つ手も無く、異様なまでに血生臭い臭気が
漂う場で、虚しい思いが立ち込める中で、日の出を迎える事になったと云われている。
 早朝、事情を知らない村民が持地宅の側を偶然通りかかった為、屋内の一団は大声で助けを求めた。
周囲にヒグマがいない事を確認した上で、一斉に戸外へと転げ出た。 そして、皆でウメの捜索を開始。
 しばらくすると、近隣の藪の中で下半身を全て食されたウメの亡骸を発見、その後、土中に埋められていた
由郎も発見した。 子の由郎は、まだ息があった為、直ぐに沼田市街の病院に搬送されたが、手当の甲斐無く、
間もなく死亡した。

8月23日

 22日には、既に惨劇は沼田全域に知れ渡り、翌23日には地元で羆撃ち名人として有名なマタギの
砂澤友太郎を筆頭に、雨竜村の伏古集落在住の3人のアイヌの狩人が応援に駆けつけた。
 そのうちの1人、長江政太郎(56)は凶悪なヒグマの暴虐振りを聞きつけて憤慨し、
『そのような悪い熊は、是が非でも自分が仕留めなければならない!』
と、周囲が引き留めるも聞かず、単身でヒグマ退治に赴いたものの、山中で数発の銃声を響かせのを最後に
行方を眩ませてしまった。

8月24日

 24日には郷軍人、消防団や青年団など、総勢300人余りの応援部隊が幌新地区に到着。
更に幌新、恵比島の集落民の内、60歳未満の男子は残らず出動し、開村以来のヒグマ討伐隊が結成された。
 早速、討伐隊はヒグマを探索すべく山中に入った所、討伐隊が入ってくるのを予測していたかの様に、
突然、討伐隊後方に黒い巨体を現し、最後尾に付いていた上野由松(57)を一撃の下で撲殺、側に居た
折笠徳治にも重傷を負わせた。
 さらに、ヒグマは雄叫びを上げ、別の討伐隊メンバーに襲いかかろうとしたが、傍にいた現役除隊間もない
軍人が咄嗟に放った銃弾がヒグマの体に見事に命中し、ヒグマが怯んだのを合図に鉄砲隊が一斉射撃を浴びせた
ことにより、 凶悪なヒグマも遂に倒れた。 その後、この現場の付近で昨日から行方不明になっていた長江
政太郎が、頭部以外を全て、食い尽くされた状態の遺体として発見された。

 ヒグマは雄の成獣で体長・約2メートル、体重・約200キロだったと伝えられている。
解剖の結果、胃袋の中からは笊一杯分程の人骨と人間の未消化の人の指が発見された。
ヒグマの毛皮は事件後は幌新小学校に保存されていたが、1967年の廃校に伴い、幌新会館に移され、現在では
沼田町郷土資料館に展示されている。
 後の調査の結果、一行が最初にヒグマに襲われた地点では、斃死した馬の亡骸が保存食として埋められていた
事から、加害ヒグマは数日前よりこの亡骸を食し、偶然現れた一行を"餌を横取りする外敵"と見なし、排除に
及んだ事が事件の発端だと推察された。

事件後の今
 事件の舞台である幌新太刀別川上流部では、その後、炭鉱が開発され2千人以上の人口を有する小都市となる。
恵比島駅を基点とする留萌本線の支線・留萌鉄道も開通して大いに栄えたが、昭和40年代に炭鉱閉山に伴い過疎化。
現在ではダム湖の底に沈んでいる。
スポンサーサイト

Posted by KumaKuma
comment:0   trackback:0
[戦慄の羆関連獣害事件(国内)
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。