スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by KumaKuma
 
[スポンサー広告

札幌丘珠事件
【札幌丘珠事件】
【札幌丘珠事件】

 1878年1月11日~18日に札幌市東区丘珠町で発生した羆襲撃事件
冬眠から理不尽な方法で目覚めさせられた羆が開拓民を襲撃し、3名死亡、2名の重傷者を出した日本史上
3番目に大きな獣害事件。 多くの記録、文献が残った事や立地からも近年までは最も有名な物となっていた。
 ※当時の札幌は定住者が移住し始めてから20年足らずで、町の全人口も約8000人足らずだった。

事件概要

1月11日
 猟師の蛭子勝太郎は札幌市郊外の円山山中を散策中に冬眠中のヒグマを発見した。
早速、勝太郎はヒグマを狩ろうと試みたが打ち損じてしまい、目覚めたヒグマの逆襲に遭い死亡。
理不尽な形で穴から追出されてしまったヒグマは飢えの為、数日間に渡り、札幌の町中を徘徊し数々の目撃情報
農作物、家畜の被害情報が札幌警察署にもたらされた。

1月17日
 数々の目撃報告、被害情報がもたらされた札幌警察署は、警察吏の森長保の指揮の下で駆除隊を編成。
豊平川の川向こう岸の平岸村で加害熊とみられるヒグマを発見し、追撃を始めた。 ヒグマは月寒村、白石村と
逃走し、雁来まで追いかけたが、猛吹雪と立地の悪さから見失う。(当時は大森林地帯であった。)
 見失った為に数時間後の17日深夜~18日未明にかけ第2の襲撃事件が発生、死者を出してしまう。
丘珠村を炭焼を生業としている開拓民の堺倉吉一家の住む小屋をヒグマが突如、襲撃。 小屋内では一家と雇女
一名が就寝していたが、ヒグマは主人と幼児・留吉を食い殺し、妻・リツと雇女などは顔面などに大きな怪我を負わせた。

1月18日
 正午頃、駆除隊の面々は付近の山中で加害熊を発見し射殺した。雄のヒグマで体長1.9メートル程だった。
解剖の結果、ヒグマの胃中からは倉吉、留吉両名の毛髪や両手足などが発見された。 解剖担当者は新渡戸稲造だ
ったと云われています。 ヒグマは剥製化され、胃中の内容物はホルマリン漬けにされ明治天皇もそれを見学した
という記録が残っています。 それらは現在は北海道大学付属植物園に保存されているとの事。
 ※多くの人が展示されている加害熊を件の加害熊と勘違いしていますが、件の羆は2Fの見学できない場所に
  保管されている為、展示されている剥製は別の羆です。


【胃中の内容物】
【胃中の内容物】

スポンサーサイト

Posted by KumaKuma
comment:0   trackback:0
[戦慄の羆関連獣害事件(国内)

ベア・アタックス―クマはなぜ人を襲うか
【ベア・アタックス―クマはなぜ人を襲うか】
【ベア・アタックス―クマはなぜ人を襲うか】


クマの動物行動学的研究の世界の第一人者であるヘレロ博士が,北米大陸におけるグリズリーやブラックベアを対象とした長年にわたるフィールドワークの成果を集大成.「クマはなぜ人を襲うか」の原因について多数の実例を詳細に分析,回避の方法と対策を具体的に解説・提案,日本のヒグマやツキノワグマへの対応や保護管理にも有効な示唆を与える.日本語版の刊行に際し,補章として「星野道夫の死」を書き下ろした.また,解説としてわが国研究者によるヒグマ・ツキノワグマの現状報告を収録した

【感想】
 そのまんま、熊の生態、付き合い方について書かれています。
2章の補章では、写真家の星野道夫さんの事故の原因について追求されています。
問題の加害熊らしき熊や当時のキャンプ地の写真などが掲載されており、色々と考えさせられました。
熊の生態などに興味のある方には良書と思いますので、よろしければ読んでみてください。

 

Posted by KumaKuma
comment:0   trackback:0
[獣害関連作品(書籍、映画)
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。