スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by KumaKuma
 
[スポンサー広告

ニュージャージー ハイカー襲撃事件
【ニュージャージー ハイカー襲撃事件】
【ニュージャージー ハイカー襲撃事件】


事件概要
 2014年9月21日、米国のラトガース大学の学生、ダーシュ・パテル(22)は、
ニュージャージー州ウェスト・ミルフォードの自然保護区に友人達三人と
ハイキングに来ていた。

 そして、クロクマが彼らの後を付いて来ている事にある地点で気付いた。
野生動物に好奇心があり、距離も離れている事もあり、四人は足を止め、
手持ちの携帯電話でクマを写真に収めたところ、クマが若干、四人との
距離を縮める動きを取ったので、警戒しながら数枚の写真に収めた。
すると、更に距離を縮めようと此方側に真っ直ぐに向かってきたので、
四人はパニックになり、蜘蛛の子を散らす様な逃げ方になってしまった。
 逃げる際、パテルの靴が脱げてしまい、彼が逃げる三人に向かって、
構わずに走り続けろと叫び、岩の上に逃げようとしていた姿を友人の一人が
後に証言している。 その姿がパテルの生前時の最後の姿となってしまった。

 残りの三人は森を抜け、警察に通報。
地元の警察が森に捜索に入ると、渓谷の谷の底でパテルの遺体を発見。
問題のクマは、遺体の周囲を周回するようにウロウロしていたので、警官二人が
ショットガンで射殺したとの事。

 問題の加害クマを解剖した所、食道と胃の上部から彼の衣類、体毛や体組織、
爪からも血液や皮膚組織などが発見された。
また、この付近ではゴミを漁る熊の目撃例や、ハイカーの後を付けたりなど
人間に執着するクロクマの報告例があり、警戒されていた矢先での事件だった。
残念なことに、そう言った忠告や警戒が生かされず、ニュージャージ州で初めての
クマによる死亡事故となってしまった。
事件で亡くなられた方のご冥福をお祈り致します。

↓被害者の写真、事故発生間際に撮影された問題のクマの写真など




 more...

スポンサーサイト

Posted by KumaKuma
comment:0   trackback:0
[戦慄の羆関連獣害事件(海外)
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。