スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by KumaKuma
 
[スポンサー広告

福岡大学ワンゲル部羆事件
【福岡大学ワンゲル部羆事件】
【福岡大学ワンゲル部羆事件】

 1970年07月25日~27日に北海道日高山脈カムイエクウチカウシ山で発生した羆襲撃事件

事件概要
 7月12日午前9時、福岡大学ワンダーフォーゲル部の部員5人は北海道日高山系縦走合宿の為、家族に見送られ
ながら、特急"つくし1号"で福岡、博多駅を出発。 14日には北海道上川郡新得町に到着。
その足で、新得署御影派出所などに登山計画書を提出、午後から登山を開始した。

7月25日

 一行は芽室岳から主稜を南下、幌尻岳の七つ沼カールに至り中間地点に位置するカムイエクウチカウシ山に
差し掛かったが、提出していた計画書の予定より大幅に遅れていた為に話合いの結果、下山する事にした。
午後3時20分、一行はエサオマントッタベツ岳~春別岳を経て九ノ沢カールに到着し、テント設営。
午後4時30分、5人は夕食を済ませ、テント内で寛いでいた所、テントから距離にして7メートル程の地点に
ヒグマがいる事を武末さんが発見。 この時、5人は危機意識を全く持たず、興味本位にヒグマを観察していた。 
ヒグマは徐々に5人との距離を縮めながら、こちらの様子を伺っていたが、30分程経過した頃にテント外に放置
していたキスリングを漁り始め、中の食料をも食し始めた事を視認。 5人はヒグマの隙を見計らい、キスリング
をテント内に移し、携帯ラジオの音量を最大まで上げ、懐中電灯をヒグマの目に当てながら食器を叩き、金物音を
出して追い払う事にした。 一行が追払い行為を始めて30分程経過するとヒグマの姿は消えており、一行は
安心し、テント内に戻る。

午後8時00分、5人はテント周囲にヒグマがいない事を確認した後、就寝する事にした。
午後9時00分、5人はヒグマの鼻息が間近でした事で目を覚まし、周囲に独特の獣臭が立ち込めている事に気づき、
 恐怖から顔面蒼白になった。 5人は目で合図し、息を潜めていると、ヒグマはテント傍を徘徊し、テントを
一度引っ掻き立ち去った。 引っ掻かれた場所を確認すると、拳大程の大きな穴がぽっかりと開いていた。
 5人は二人ずつ2時間交代制で睡眠を取る事にした。

7月26日

午前3時00分、5人は起床し、下山を急ぐ為にパッキングを開始。 快晴の天気模様とは裏腹に、恐怖感で誰一人と
して眠る事ができず、疲労感は抜けるどころか逆に蝕まれている感覚に襲われていた。
午前4時00分、5人がパッキングも終わりに差し掛かった頃、再びヒグマが5人の前に姿を現す。
約10分程、ヒグマとの睨み合いが続いた後、徐々に距離を縮めて来る気配を感じたので、5人はテント内に避難し、
様子を伺う事にした。 ヒグマはテント傍まで近づき、テントに手を掛け引っ張り始めたので、5人はポールに
しがみ付き幕を引っ張り、テントが引き倒されない様に抵抗した。 5分程引っ張り合いが続いた後、無理と判断
した武末さんがテント入り口と反対側の幕を引っ張り上げ、合図と共に5人で外に一斉に脱出。
50メートル程離れ、振り返るとヒグマはテントを引き倒し、テント内にあったキスリングを漁っていた。

午前5時00分、サブリーダーの滝さんと1年生の河原さんは、武末さんから"九の沢を下り、札内ヒュッテか
営林署に詳細を伝え、ハンター要請を依頼して欲しい"との指示を受け、下山を始める。
午前7時15分、下山途中の2人は八の沢の出会いで北海道学園大学"北海岳友会"の一行と出会ったので事情を説明。
彼等の話に依ると、彼等一行も同じ個体らしきヒグマに襲撃され、下山をしている所だとの事だったので、
2人は伝達を頼み、一行の情に甘んじ、食料2日分、地図、コンロやガソリンを譲り受け、再び、残る3人と合流
する為に戻る事にした。
事件後に北海北海岳友会・武山さんは
 『あの時、我々と出会っていなければ、3人を助けに戻らなければ・・、河原さんは死なずに済んだかもしれない・・。』と、胸の内を語っている。

午前7時45分、2人は、北海岳友会の方々の情報などを元に、安全性と時間短縮を考慮し、八の沢出合いより
今度は九の沢を登るルートに変更する事にした。
午後0時30分、2人はカムイエクウチカウシ山近くの稜線に出る。 この時、2人は鳥取大、中央鉄道学園の
別PTと出会っている事が分かっている。
午後01時00分、2人は稜線に出ていた竹末さん達3人と合流。 テントとキスリングは稜線上に上げていたので、
パッキングや休憩等で約1時間程を費やしてしまう事になった。
午後03時00分、5人はカムイエク1900m峰との中間ピークにテント設営を決め、夕食作りと並行し、テントの
修繕を行う。

午後04時30分、5人がテント設営と夕食を済ませ、寝る準備に取り掛かった頃、テント入口と反対の方向に
ヒグマが現れる。  直ぐに、5人はカムイエクの方面へ縦走路を50メートル位下る。
 そこで1時間半程様子を見る事にし、武末さんがテントの傍まで様子を伺いに行くと、ヒグマはテントを引き倒し
周囲を漁り続けていた。 しばらくして、武末さんは興梠さんと河原さんの2人に八の沢カールにテントを張って
いる鳥取大に今晩の宿泊の依頼を指示し、再び、ヒグマの様子を伺いにテント傍に向かった。
ヒグマはまだ居座り続けている様子だったので、武末さんは自分達のテントを諦め、鳥取大のテントへ向かう事に
決め、3人で、鳥取大の野営地へ向かう事にした。
 向かう途中、武末さん等3人は鳥取大に了承を得て戻る途中の興梠さんと河原さんと合流。
八の沢カールに下るにはカムイエクの頂上を登って行く必要があるが、皆の疲労などを考慮し、武末さんは頂上
手前の稜線から八の沢カールに下ると決定し、皆もそれを了解した。 陽は沈み辺りは真っ暗の中、先頭を
武末さん、最後尾を滝さんが受持ち、5人一行は恐怖のあまり、喉の渇きも忘れ、無我夢中で歩き続けた。

午後06時30分、稜線から60~70メートル下った地点で、西井さんが最後尾の滝さんから10メートル程後方に、
ヒグマが付いて来ている事に気付き、ヒグマの出現にパニック状態になり、全員が一目散に山を下り始めた。
 滝さんは少し下った先のハイマツの中に身を隠すと、ヒグマは滝さんの直ぐ真横を通り下っていくのが解った。 
そして25メートル程下った先にあるハイマツの中から、『ギャーー!』という悲鳴が聞こえ、何かを叩き、
暴れる様な音だけが、暗い闇の中から聞こえてきた。 そして、悲鳴の聞こえしハイマツの方から『ちくしょう!』
という声が聞こえ、竹末さんが目を其方に向けると、ハイマツから飛び出し、背後からヒグマに襲われる中、
足を引き攣りながら必死に逃げる河原さんの姿が見えた。
 武末さんは滝さんと合流し、滝さんの隠れているハイマツ場所を合流地点と決め、全員集合の声を掛けた。
その声に反応し、西井さんが駆けつけて、合流する事ができた。 興梠さんからは、約30メートル程下った地点
から応答があったが、彼の姿は見えなかった。
午後08時00分、3人は鳥取大のテントに助けを求め、鳥取大パーティー一行は2箇所に火を焚き、ホイッスルを
吹いてくれた後、下山する旨を伝え、その場を後にした。 武末さんは、"河原さんが足を引き攣りながら鳥取大の
テント方向に下っていた事"を2人に伝え、一応、安全な場所と思われた岩場を見つけたので、其の岩に登り、
身を隠しながら、この日の夜はこの岩場の上で過ごす事となった。

7月27日

午前7時30分、深い霧の影響下で視界範囲は5メートル程度、逸れた2人を捜索しながら、ヒグマの接近を察知
するには絶望的な状況と判断。
午前8時00分、3人は先頭から武末、滝、西井の順に下る事を決意。 濃い霧の視界不良の中、周囲の物音に
注意をしながらの下山を開始。 約15分程下った時、武末さんの前方2、3メートルの地点にヒグマを発見。
咄嗟に、3人が身を伏せ、様子を伺っていると、突然、ヒグマが『グガアアァァ!!!』と激しい怒声を発し始めた。
武末さんは立上り、ヒグマを押しのけカールの方へ走り出し、ヒグマはその後を追いかけて行った。
その隙に、滝さんと西井さんの両名は山の斜面を横断し、カール方面を右手に見ながら八の沢を出て沢を下る。
午後1時00分、2人は五の沢、砂防ダム工事現場へ到着。 事情を説明し、自動車を手配してもらう。
午後6時00分、麓の中札内駐在所に到着。 事情を説明。

7月28日

 3名の捜索の為、救助隊を編成。 現場に向かうと、ハンター達は3名の変わり果てた遺体を発見。
遺体は着衣を剥ぎ取られ、裸にベルトだけが巻かれた状態で、顔面の半分が消失しているものや、腹部から腸が
引き摺りだされたものなど凄惨な光景だった。
武末さんの遺体は沢付近で発見され、発見地点まで引き摺られた為に、その地点迄の道中には、広範囲の石に
小指第一関節程の大きさの肉片が付着していた。 興梠さんの遺体発見現場付近のテントからは手書きのメモが発見
され、筆致からは一人で恐怖の中、書かれた物である事が確認できた。

 検死結果に依ると、3名の死因は頚椎骨折および頚動脈折損による失血死"で、致命的な外傷は首、顔、股間の
3点に限られていた。 おそらく、3人は逃げている道中に背後から臀部を攻撃され、うつぶせに倒れたところを
臀部や肛門部を噛み切られたものと推察された。
悪天候により3人の遺体を下ろすことが出来ず、八ノ沢で荼毘に付され、遺族に遺骨が手渡されることとなった。

7月29日

 5人を襲撃したヒグマはハンター10人に依り、射殺された。
解剖時、胃袋を調べたが、ヒグマには人間を食した形跡は全く無く、悪戯をするかのようにいたぶっていた
だけだったのである。
ヒグマは体長約2メートル、3歳6ヶ月の雌で交尾した形跡は無かった。(普通は2歳程で出産する)
ヒグマの肉は"山のしきたり"により食され、ヒグマ自体は剥製にされ、現在は、日高山脈山岳センターに展示されて
いる。

 ↓ 興梠さんの残したメモの内容、加害羆の剥製、関連作品の情報
興梠さんの残したメモの内容
 

 熊はまず一つのキスをはこび出し、テントから10m下のしげみの横でむさぼりだす。昨夜は交代で
 徹夜したので、一人は上の尾根の縦走路で睡眠をとり、二人で見張る。

5:24 クマが右下5mぐらい、キスをくわえて移動する。
5:30 テントに近づき、たおれたテントをひきかきまわす。キャンパンのついたキスを持って左下の日影の
 ところに持っていくが、なにもせず、またテントに近づく。グランドシートの上においていたセイテツパンを
 食べているようである。
5:40 おそらく竹末さんのキスをもって下方にもっていくが、またそこにおいてテントのところにくる。
 興梠のキスをくわえて10mぐらい下るが、キスを置いて左へまきながら姿を消すが、また興梠のキスを
 くわえて下りだす。30m下の低木地帯の中へ入る。
5:48 再びテントに近づく。興梠のキスほ下に置いたまま。
5:50 左の方へ移動する。左の雪けいの横の岩場に現われる。またかくれる。上に登ってくるようである。
 テントから左上方200mのところにくる。3人も上方へ上る。
6:00 小さな雪けいの近くにくる。しばらくして下りはじめる。
6:07 テシトの横にくる。突然ラジオが鳴りだし、クマがあわてて右方向へ走って遠ざかり、
 カールの尾根で横たわる。
6:13 林の中へ姿を消す。行方がわからない。
6:35 尾根に3人とも上る。いまのうちにできるだけキスを上げることにする。
7:15 縦走路の分岐までキスを3個上げ終わる。
7:30 腰を下ろし3人集まって気分をほぐす。
8:30 いままで快晴であったが少し雲の割合が多くなり、心配であるが、3人とも歌など歌って
 気晴らしするが、しばらくすると歌もつきて眠る。
9:25 目をさます。
9:30 腹がへったので、カンパンを食べる。
9:55 水くみ(20L)と残りのキスとテントを取りに行く。
10:35 尾根に着く。西井のキスがイカレる。
11:30 昼食。
11:45 鳥取大現在地を通過。
12:05 竹末さん、滝さんを迎へに沢を下る。
13:30 現地点で会合。
13:45 滝さん帰ってくる。全員無事

7月26日
17:00 夕食後クマ現われる。テントを脱出鳥取大WVのところに救助を求めにカムイエク下の
 カールに下る。
17:30 我々にクマが追いつく。
 河原がやられたようである。オレの5m横、位置は草場のガケを下ってハイ松地帯に入ってから
 20m下の地点。それからオレもやられると思って、ハイ松を横にまく。するとガケの上であったので、
 ガケの中間点で息をひそめていると、竹末さんが声をからして鳥取大WVに助けを求めた。
 オレの位置からは下の様子は、全然わからなかった。クマの音が聞こえただけである。
 仕方がないから、今夜はここでしんほうしようと10~15分ぐらいじっとしていた。
 竹末さんがなにか大声で言っていたが、全然聞きとれず、クマの位置わからず。それから、オレは、
 テントをのぞいてみると、ガケの方へ2~3カ所たき火をしていたので、下のテントにかくまって
 もらおうとガケを下る。
 5分ぐらい下って、下を見ると20mさきにクマがいた。オレを見つけると、かけ上ってきたので、
 一目散に逃げ、少しガケの上に登る。まだ追っかけてくるので、30cmぐらいの石を投げる。
 失敗である。ますますはい上がってくるので、15cmぐらいの石を鼻を目がけて投げる。当った。
 それからクマほ10m上方へ後さがりする。腰をおろして、オレをにらんでいた。
 オレはもう食われてしまうと思って、右手の草地の尾根をつたって下まで一目散に、
 逃げることを決め逃げる。 前、後、横へところび、それでもふりかえらず、前のテントめがけて、
 やっとのことでテント(たぶん六テン)の中にかけこむ。しかし、誰もいなかった。しまった、と思ったが、
 もう手指れである。中にシュラフがあったので、すぐ一つを取り出し、中に入りこみ、大きな息を調整する。
 もうこのころは、あたりは暗くなっていた。しばらくすると、なぜかシュラフに入っていると、安心感が
 でてきて落ちついた。それからみんなのことを考えたが、こうなったからには仕方がない。
 昨夜も寝ていなかったから、このまま寝ることにするが、風の音や草が、いやに気になって眠れない。
 明日ここを出て沢を下るか、このまま救助隊を待つか、考える。しかし、どちらをとっていいか
 わからないので、鳥取大WVが無事報告して、救助隊がくることを、祈って寝る。

7月27日
4:00頃、目がさめる。外のことが、気になるが、恐ろしいので、8時までテントの中にいることにする。
 テントの中を見まわすと、キャンパンがあったので中を見ると、御飯があった。これで少しホッとする。
 上の方は、ガスがかかっているので、少し気持悪い。もう5:20である。また、クマが出そうな
 予感がするので、またシュラフにもぐり込む。 ああ、早く博多に帰りたい。

7:00 沢を下ることにする。にぎりめしをつくって、テントの中にあったシャツやクツ下をかりる。
 テントを出て見ると、5m上に、やはりクマがいた。とても出られないので、このままテントの中にいる。

3:00頃まで・・・(判読不能)しかし・・・(判読不能)他のメンバーは、もう下山したのか。鳥取大WVは
 連絡してくれたのか。いつ助けに来るのか。すべて、不安で恐ろしい。
 またガスが濃くなって………。



加害羆の剥製
【福岡大学ワンゲル部羆事件加害羆剥製】
【福岡大学ワンゲル部羆事件加害羆剥製】

 剥製は日高山脈山岳センターに展示されています。 全長は1.5メートル無く、剥製製作時に10数発の弾を受けた
部位を剥ぎ取った為に予想以上に小さくなってしまったとのです。



亡くなった立派な岳人達のご冥福をお祈りします。 
 この事故が無駄にならぬ為にも羆について、皆が知ろうとする切欠になれば幸いです。

Posted by KumaKuma
comment:1   trackback:0
[戦慄の羆関連獣害事件(国内)
comment
大学の環境学科で登山部をしているものです。
クマは自分の獲物を横取りされることが何より嫌いです。一度獲物を奪われると取り返したあとも陰湿に付け狙ってきます。

最初にキスリングを漁った時に取り返したり威嚇せずに諦めて下山すれば全員無事だったと思います。ワンゲル部に誰もクマの生態に詳しい人がいなかったことが悔やまれます。
2017/05/20 23:34 | URL | edit posted by
comment posting














 

trackback URL
http://higumapanasi.blog.fc2.com/tb.php/2-04432800
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。