スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by KumaKuma
 
[スポンサー広告

十和田大湯熊襲撃事件
【十和田大湯熊襲撃事件】
【十和田大湯熊襲撃事件】



 2016年05月20日〜06月10日に秋田県鹿角市で発生した熊襲撃事件
1988年に発生した連続的なツキノワグマ襲撃事件に匹敵する事件

事件概要

5月20日

 同県鹿角市十和田大湯中田在住の無職、高瀬佐市さん(79)が朝からタケノコ採りに出かけたが、
夜になっても帰宅しない為、同日夜に警察に通報し、捜索準備が始められる。

5月21日

 午前7時ごろ、秋田県鹿角市十和田大湯熊取平の山中で、捜索中の署員が死亡している高瀬さんを発見。
遺体は周囲の土をかけられた状態で、顔などに爪で引っ掻かれた痕や顔面は判別不能なレベルの食害の形跡
があり、クマに依る獣害事件である事が分かった。
 ※クマは一度に食べきれない餌は、土をかけて自分のものとる習性がある。 

5月22日

 午前7時半ごろ、秋田県鹿角市十和田大湯熊取平の山中に夫婦でタケノコ採りに来ていた秋田県土崎港北
の無職、高橋昇さん(78)が、突然、「クマー! クマー!」と叫んだ為、妻が声のする方に向かうと、
高橋さんが懸命に棒でクマをけん制しながら、妻に「逃げろ」と叫んだ為、助けを呼びに行った。
そして、妻が助けを求めた後、現場に戻ったが、その時にはクマも高橋さんの姿も忽然と消えていた。

 午後1時ごろ、地元の捜索隊が死亡している高橋さんを山中で発見。
遺体は、顔や腹部含め、体中の至る処に爪に依る裂傷が見られ、熊による襲撃であると判断された。
前日の高瀬さんの遺体が発見された現場から500メートル程離れた場所であった。

5月25日

 青森県十和田市穂並町の無職、高谷善孝さん(65)が午前4時頃から秋田県鹿角市和田大湯代平の山林へ
タケノコ採りに出かけたが、夜になっても帰宅しない為、家族が同日夜に通報。
付近は21日、22日両日の2件の遺体発見場所から2、3キロ離れた地点であった。

5月26日

 午前7時15分ごろ、秋田県鹿角市十和田大湯代平の山林で、青森県おいらせ町の会社員、袴田
孝夫さん(58)が竹藪でタケノコを採っている最中に、頭部や顔に傷を負ったクマが自分から
1メートルの距離に接近して来ていることに気付いた。
袴田さんは地面を蹴って音を立てたり、火の付けたタバコなどを投げてけん制を試みたが、全く
動じなかった為、カッターナイフで付近の竹を削り、尖らせた方でクマの顔を突くと後退りし、怯んだ。
袴田さんはその隙を逃さず、斜面を駆け上がり、無我夢中で逃げた。

この日、前日から行方知れずとなっていた高谷さんの軽乗用車がこの付近で発見された。

5月29日

 午前8時45分ごろ、秋田県鹿角市十和田大湯代平の山林で、青森県新郷村の無職、村井ツマさん(78)が
息子と二人でタケノコ採りに来たところ、体長1.2メートル程のツキノワグマと遭遇し、村井さんに
襲いかかってきた。 村井さんは臀部を噛まれたが、叫びながらクマの頭部を蹴りつけ、その叫び声に
気付いた息子が現場に駆け付け、クマが怯んだ隙に二人で逃げ出した。

5月30日

 午前11時05分ごろ、秋田県鹿角市十和田大湯代平の山林で、鹿角署員が25日から行方知れずとなって
いる高谷善孝さん(65)の遺体を発見。 遺体は土をかけられた状態で内臓の欠損も見られ、半白骨状態との
報道もされた。

6月08日

 午後、秋田県鹿角市和田大湯代平の山林で、青森県十和田市相坂の自営業、鈴木ツワさん(74)が、
趣味にしている山菜採りに来て、行方知れずとなる。
車内には携帯電話や食料品などがそのままの状態で置かれたままとなっていた。

6月10日

 午前7時ごろ、鈴木ツワさん捜索を開始したと同時に、上空のヘリがクマを何度も視認し、
捜索を2度、中断する事態となり、地元の猟友会にクマの駆除を要請する。

 午前10時半ごろ、捜索を再び再開すると、発見したクルマから約150メートルほどの地点で
食害の形跡のある損傷の激しい性別不明の遺体を発見。 後に鈴木ツワさんと確認された。
30日の遺体発見現場から1キロ北西に向かった地点だったとのこと。

 午後2時ごろ、遺体発見現場付近で地元猟友会のメンバーがツキノワグマを射殺。
約1.3メートルほどの5、6歳の成獣だった。
丁度、加害グマを射殺した頃、複数の捜索隊が現場付近で熊の唸り声を耳にしている。

解剖調査の結果、射殺されたクマの胃袋上部から、人の髪の毛や体毛を含む肉片が見つかった。
また、加害熊以外のクマも食害行為自体に参加していた可能性も高く、注意が必要である。
事件で亡くなられた方々のご冥福をお祈り致します。

◆追記◆(2016 .06.30)


6月30日

 午前9時40分ごろ、十和田市大湯の林道で、両親と3人でワラビ採りに来ていた同市の会社員、富樫孝さん(54)が
山中の後方で音が鳴ったので振り返ってみたところ、後方に親熊と小熊2頭が居たので、走って逃げようとしたところ、
親熊が覆いかぶさってきて、頭や腕を爪で掻かれたり、噛まれたりし大怪我。

 冨樫さん何とか隙を見て逃げ出し、離れていた両親と合流、車に飛び乗り、通りかかったバスの運転手に
這々の態で助けを求め、バスの運転手が警察に通報。 冨樫さんは手術が必要な状態とのこと。
地元猟友会に射殺されたツキノワグマ
【射殺されたツキノワグマ】
【射殺されたツキノワグマ】
 【射殺されたツキノワグマ】
【射殺されたツキノワグマ】

Posted by KumaKuma
comment:0   trackback:0
[戦慄の羆関連獣害事件(国内)
comment
comment posting














 

trackback URL
http://higumapanasi.blog.fc2.com/tb.php/22-36e81278
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。