スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by KumaKuma
 
[スポンサー広告

慟哭の谷―The devil’s valley
【慟哭の谷―The devil’s valley】
【慟哭の谷―The devil’s valley】


1915年12月、北海道苫前村の開拓地に突如現れた巨大なヒグマは、一軒の民家に押し入り、阿部マユと預かり子の幹雄を惨殺。村人たちは恐怖に震えながらも、ヒグマ退治に乗り出すが、冬眠しそこねて〝穴持たず〟となり凶暴化したヒグマは、悪魔のような知恵を働かせて、村人たちを次々と牙にかけていくーー。
死者8名という世界的にみてもヒグマによる食害事件としては類をみない最悪の惨劇となった「三毛別(さんけべつ)事件」の全貌を、生存者たちへの貴重な証言をもとに描き出す戦慄のノンフィクション


【感想】
 吉村昭氏の著書「熊嵐」の元になった実際の事件「三毛別事件」を著者が丁寧に取材して書き上げた
ノンフィクション作品です。
羆が人を襲撃する描写が生々しく、あの北海道開拓時代のインフラ環境、現在よりも闇が畏怖や恐怖の対象
であった事を思い読まれると、その当時の人達の絶望さに恐怖を感じるでしょう。
個人的には羆関連の読み物でベストの作品だと思っていますので、よろしければ読んでみてください。

 

Posted by KumaKuma
comment:0   trackback:0
[獣害関連作品(書籍、映画)
comment
comment posting














 

trackback URL
http://higumapanasi.blog.fc2.com/tb.php/24-614558a2
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。