スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by KumaKuma
 
[スポンサー広告

ハイエナに襲われた少年(南アフリカ共和国)
【ハイエナ襲撃】
【ハイエナ襲撃】


2016年06月26日早朝4時30分頃、南アフリカ北東部に位置するクルーガー国立公園、
クロコダイルブリッジ付近の小さな宿泊地・クロコダイルブリッジ・レストキャンプにて、
テント内で宿泊していた15歳の少年が雌のハイエナに襲撃された。

少年はハイエナに顔の骨を噛み砕かれ、パジャマ姿のまま、テント外に引きずり出されたが、
助けを叫ぶ子供の声で両親が目を覚まし、幸いにも地元のガイドと看護師が近くにいた為、
命を落とさずに済みました。
少年は救急処置を受けた後、顔の形成手術を受ける必要がある為、ヨハネスブルグの総合病院へと
移送されました。

国立公園管理局の報道官の話によると、
 地元のレンジャーが襲撃した雌のハイエナを捜索中とのことだが、依然、発見には至っておらず。
またハイエナがキャンプ地に侵入したと思われる付近のフェンス下に穴が掘られていた事が確認されている。
観光客に対しては、野生動物が常に付近にいるという事実を認識し、必ずテントは閉めてくださいと
改めて注意喚起している。

このクルーガー国立公園では、昨年の7月2日、観光客を乗せて運転中の地元ガイドがヒョウに飛び乗られ
負傷した事故や、その一月前には同国のハウテン州にあるライオンパークで車の窓を閉めずに運転していた
米国の22歳の観光客女性がライオンに噛み殺される事件が発生しています。
 また、同国では2年前にもドアをロックせずに観光していた観光客の車のドアをライオンが開ける
事故が発生し、その様子は観光客のビデオカメラにおさめられていた。
    おさめられていた映像→コチラ

 また事件現場でもあるキャンプ地を調べてみたところ…、

▼クロコダイルブリッジ・レフトキャンプ▼

【クロコダイルブリッジ・レフトキャンプ】
【クロコダイルブリッジ・レフトキャンプ】
【クロコダイルブリッジ・レフトキャンプ】
【クロコダイルブリッジ・レフトキャンプ】

 過去の宿泊者が掲載している宿からの眺めを見てみると…、
【クロコダイルブリッジ・レフトキャンプ】
【クロコダイルブリッジ・レフトキャンプ】
【クロコダイルブリッジ・レフトキャンプ】
【クロコダイルブリッジ・レフトキャンプ】

フェンスがあることを考慮したとしても、テント開けたまま寝るのは勇気いりますね。

Posted by KumaKuma
comment:0   trackback:0
[羆以外の獣害事件]  thema:雑学 - genre:サブカル
comment
comment posting














 

trackback URL
http://higumapanasi.blog.fc2.com/tb.php/35-753fd2a6
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。